女性のライフ設計に保険を【女性特有の病気に対応する保険】

笑顔

自動車事故のために保険加入

自動車保険についての話

スーツ

自動車を購入すると、万が一の事故に備えて入っておきたいのが、自転車保険です。 自動車を所有すると、ガソリン代はもちろん、車検代やメンテナンス代、税金などの費用がかかり、思っている以上にお金がかかります。 なので、自動車保険が少しでも安くなると、とても家計に助かるのです。 自家用車で普通車の場合の、任意保険料年平均金額は、約7万7千円で、小型車の場合には、約6万円です。 近年人気がある軽自動車で乗用車の場合には、約4万7千円という結果になっています。 自転車保険には、年齢や以前に事故や修理を行った経験の有無で、保険料が変わっている場合もありますが、自転車保険は決して安い金額ではないのです。 だからこそ、他社との比較が重要になってくるのです。

比較検討する上で

自転車保険を扱っている会社には、実は大きくわけて2つあります。 それは、代理店型と呼ばれる自転車保険と、通販型自動車保険の2つです。 最近では、テレビコマーシャルでダイレクト自転車保険という言葉を耳にすることも多くなりましたが、実はこれは通販型自転車保険を指しています。 金額の面で比較してみると、代理店型よりも通販型の方が保険料が安いのが特徴的です。 通販型だけでみていくと、会社ごとにさまざまな特色や、加入条件などがあるので、自分に合った一番安い保険料の会社を探すには、実際に見積り比較することが大事になってくるのです。 しかし、各社のホームページを訪問し、見積り比較を行う作業は、想像以上に時間がかかります。 そこでおすすめしたいのが、一括見積りを無料で行えるサイトです。 簡単に手間をかけることなく、無料で他社との比較が容易にできるので忙しい現代人にはぴったりです。